2003年02月

Gas ! rechts ! links! langsam!

ドイツは 車社会で アウトバーンが 整備されており どこに行っても高速料金は無料で非常に便利です。しかし車を使用しないと 日本と違って 電車とか バスの便は非常に悪く 仕事も生活も 車が 必須でした。私たちの事務所は 空港の近くの 工業団地の中にあり ドッセルドルフの中心から車で行けば15分ぐらいのところでしたが歩いて行くとバスは出ているものの 1時間に2本くらいで 小1時間 かかるのでドイツの女子従業員の採用にあたっては 自分の車で通勤できる人 というのが 採用の
最低条件でした。日本人にとって一番問題なのは 車は右側通行であること そしてアウトバーンは速度制限がなく スピードが速いことです。日本人は 5時間の 自動車教習を受けること という会社の規定により 教習を受けました。ドイツの教習所は 全く日本と違い 街の中に小さい事務所があり その中に自動車の運転席と同じようなものが作っておいてあるだけで 日本のように 自動車を運転する場所はどこにもありません。仮免許制度がないので会社で待っていれば 先生が運転して車を持ってきてくれ
生徒はいきなり路上運転をする というシステムです。先生の口から出てくる言葉はGas ! langsam rechts links Bremesen ! などの聞きなれない言葉でした。日本人の頭には自動車の言葉として アクセル ブレーキ ハンドル ・・・と横文字が入り込んでいて海外でも通用すると勘違いしているものです。そしてフランスも又違いました。

     ドイツ語   フランス語        ドイツ語   フランス語

アクセル Gaspedal accélérateur  ガソリン  Benzin essence
ハンドル Lenkrad Volant 真っ直ぐ  geradeaus tout droit
ブレーキ Bremsepedal pedal du frein 右へ rechts à droite
ウインカーBlinker clignotant   左へ links à gauche
タイヤ  Reifen pneu 後方へ   rückwärts enarrière

これは 私のドイツで取得した免許証です。当初大使館に行って日本の免許証を預けドイツ語で書いた預り証で運転しますが 半年程 無事故であれば この免許証を くれるというシステムです。唯日本と違って書き換え制度がないので何歳になっても 有効で今でも欧州に行けば この免許証で運転が法的に許されます。

戻る